家計管理の基本

旦那さんのお小遣いってどうしてる?【固定制】にして旦那さんのモチベーションアップ!家計の管理もしやすくなる!

我が家では、旦那さんは「おこづかい制」ではなく「固定制」にしています。

「固定制」にすることで、メリットがたくさんありますので、おこずかい制についての説明と、実際に「固定制」にする時の交渉の仕方ををご紹介します!

新婚の友人と、よく「旦那さんのおこづかいってどうしてる?」と話題になった時期があるので気になる方も多いと思う事項だと思います。ぜひ、参考にしてください!

家計管理についてはこちらの記事を参考にしてください。
家計管理を始める方法(新婚で家計を管理する)

旦那さんは「おこづかい制」ではなく「固定制」

「固定制」って何?

ほとんどの、家庭は旦那さんはおこづかい制毎月決まった額を渡していると思います。

我が家は、毎月決まった額を生活費として楽天銀行へ入れてもらっています。

毎月、25万円を家族の生活費口座にいれてもらい
それ以外の分が、旦那さんの自由に使える金額となります。

旦那さんの毎月の給与の支払いを2つの口座に分けて入れてもらっています。

25万円 楽天銀行
端数 旦那の使っている銀行

会社で、このように入金をしてもらっているので,旦那さんが入金の移動をするなどの手間は一切ありません。

固定制のメリット

毎月必ず入ってくる額が決まっているため、管理がしやすい

残業をたくさんしていたから、今月はお給料多いかな?と期待しなくてよい

余剰分がすべて旦那さんの自由に使える金額になるため、旦那さんの仕事に対するモチベーションが上がる

旦那さんからのおこづかいアップなどの金額交渉がない

固定制のデメリット

デメリットとなる部分は、ほぼありません。友人にも、固定制にしている話をしましたが、いい考えだね!取り入れてみる!という意見をもらっています。

その中でも、デメリットをあげるとしたら2点あります。

ボーナス時に、金額をいくら入れてもらうのか?
おこづかい制ではないので旦那さん自身ほしい取り分が出てきます。話し合って、いくら生活費の口座に入れてもらうか確認をしてもいいですし旦那さんの塩梅にお任せしてもいいと思います。

旦那さんの取り分で貯金をしているか見えにくい
我が家は、旦那さんの取り分に関しては、旦那の資産と思っているので管理はしていないです。年に1回、通帳記載してきて。と言うくらいで、貯金のあてにしていないです。毎月給料明細は渡してもらっているので、だいたいの金額は把握しています。

見える化する方法

旦那の銀行口座を家計簿アプリ「Zaim」に連携すれば、何にいくら使っているか?把握できます。もちろん、残高も確認することが出来ます。
※私の旦那は職場特有の銀行口座を使っていて「Zaim」と連携ができないので把握していない状況です。

りりな
りりな
結婚する前から、毎月5万円は財形貯蓄を給料天引きでしてくれているので、最低でも毎月5万円は貯めてくれているな~くらいに思っています。
こちらもおすすめ

家計簿アプリ「Zaim」で家計管理をしています。手書きで家計簿を付けている方はぜひこちらの記事もご覧ください。

家計簿アプリは『Zaim』がおすすめ!2年使っているZaimの使い方まとめ〜手書きの家計簿はナンセンス〜家計管理をしようと思い、家計簿をどうするかお悩みの方に向けて おすすめの家計簿をご紹介いたいします。 オンライン家計簿の「Zaim」...

なぜ、我が家の旦那さんは固定制にしたのか?

結婚を機に、家計管理をするためにおこづかい制にしようとしました。
するとおこづかい制に対して、旦那さんから拒否反応がでました。

りりな
りりな
○○ちゃんの旦那さんは、おこづかい4万円らしいよ!
だから、うちもおこづかい4万円でどう?
旦那
旦那
絶対に嫌。そんなんじゃ足りない。
りりな
りりな
じゃあ、5万円がおこづかいなのはどう?
旦那
旦那
絶対に嫌。そんなんじゃ足りない。

 

金額云々ではなく、気持ち的におこづかい制に、縛られたくないと解釈

 

そこで、考えた結果

りりな
りりな
逆転の発想
固定で、家計に25万円を入れてもらおう!

≪実際のやり取り!固定制導入時の交渉≫

固定費と変動費が毎月○円だから、25万円入れてもらえれば確実に問題がないし
余った分は、貯金と投資に回そうと思ってる。
私も、働いてるから、旦那が欲しいものがあったり25万円オーバーする時は、私の給与から払うからどうよ?

旦那
旦那
うん。それならいい。

25万円の使い方と私の給与の使い方は
家計管理のアプリ「Zaim」でいつでも確認してOKだよ!

旦那
旦那
うん。分かった。

ここから、我が家の固定制が始まりました。

固定制の今後の懸念点

現在、固定制を導入し約2年です。今は、共働きをしているため固定制で問題がありませんが

今後、私が妊娠、出産、育児を経験し仕事の復帰が難しく収入がなくなった場合・・・

今の25万円の固定制だと厳しくなると思います。その時は、旦那さんと話し合い
固定制の額をアップさせてもらうか?
おこづかい制にするのか?

考える時がくると思います。きっと、旦那さんのおこづかい制に縛られたくない性格から
固定制の額をアップさせてもらう選択になるとは思います。

りりな
りりな
家族になったら、お金のことは個人ではなく、家族の資産と捉えて、方向性をしっかり話し合うことが大切です 

まとめ

今回、ご紹介したおこづかい制ではなく、固定制についてですが
十人十色、様々な家族がいる中で、合う合わないがあると思います。

固定制という考え方もあると、1つの発見になっていただければ幸いです。

おこづかい制という管理手法ではないので私自身にも、おこづかいという縛りがありません。

旦那さんからの固定制で入れてもらう生活費

自分の給与

の両方を、管理しなければならないので使いすぎてしまわないように強制貯蓄もしながら確実にお金を増やしています。

先取り貯蓄(強制貯蓄)は「自動送金」で仕組みを自動化!方法をまとめ『お金をコントロール』家計管理をしていく中で、なかなか貯金が増えなくて悩んでいる方に向けて、先取り貯蓄(強制貯蓄)で『お金をコントロール』する方法をご紹介いた...
おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!