家計管理の基本

固定費を見直して支出を減らす方法!我が家の事例もご紹介【家計の基本】

家計簿をつけ始め、家計管理をスタートさせるとよく出てくるワードの一つ「固定費」について詳しく解説していきます。
固定費(何もしなくても毎月出ていくお金)を見直すだけでお金を増やすことができるので我が家の事例も交えながら、見直しの方法もご紹介します!

お金の使い方を分類すると3つになります。
「消費」「浪費」「投資」
今回の固定費は、「消費」「浪費」「投資」全てに当てはまります。

「消費」は生きていく上で必要経費。「浪費」は無駄遣いであり削る部分。「投資」は必ずしも必要ではないが将来につながる支出。

固定費とは?

固定費とは、毎月、毎年、決まった金額で出ていくお金のことを言います。一度、コスト削減に成功すると、長期間にわたり節約効果が持続していきます。固定費の削減できる金額が大きければ大きいほど、効果が高いです。

決まった金額=固定の費用=固定費

固定費にあたる項目について

具体的に、家計の中での固定費はどんなものがあるのか?項目をリストアップしてみました。

「消費」「浪費」「投資」で分類しています。支出に対してこれは「消費か?」「浪費か?」「投資か?」意識してお金を使うことが大切です。

「消費」の固定費
  • 家賃
  • ガス代
  • 電気代
  • 水道費
  • 携帯料金
  • 通信費
  • 食費
「浪費」の固定費
  • ウォーターサーバー
  • 有料コンテンツ(Amazonプライム会員費、楽天マガジン、Netflixなど)
  • 医療保険
「投資」の固定費
  • 貯蓄
  • 貯蓄型保険
  • つみたてnisa
  • iDeCo
  • 株式投資、投資信託
  • 習い事
  • 書籍など学ぶための費用

固定費は、毎月・毎年、決まった金額での支払いとなりますので把握がしやすい項目です。「消費」と「浪費」の固定費は、削減できる可能性が大きいので細かく内容を確認していきます。

「固定費」の項目と金額を洗い出す

「消費の変動費」「浪費の変動費」を理解したら、次は実際に項目と金額の洗い出しをしてください。まず最初は、紙に思いつくまま書いて洗い出しをするのでOKです。

支出の項目と金額を記入する無料フォーマットを配布しているので、こちも参考になるかと思います。

無料フォーマット
|無料|家計簿フォーマット配布【支出内訳・予算管理表】オンライン家計簿「Zaim」で使えるオンライン家計簿「Zaim」で使える「支出内訳・予算管理表」の無料フォーマットをご用意しました。 「Zaim」を利用する際、支出の内訳...

家計簿として毎月データを管理する場合、手書きは推進していません。オンライン家計簿アプリ「Zaim」の利用をお勧めしています。固定費を今後管理していく上で、おすすめな手段なので、下記も参考にしてください。

こちらの記事もおすすめ
家計簿アプリは『Zaim』がおすすめ!2年使っているZaimの使い方まとめ〜手書きの家計簿はナンセンス〜家計管理をしようと思い、家計簿をどうするかお悩みの方に向けて おすすめの家計簿をご紹介いたいします。 オンライン家計簿の「Zaim」...

固定費を見直す

先ほど出てきた、固定費の項目の中でも、見直しをすることによって今より、費用が安くなるケースがあります。固定費を一度削減すれば、継続的に削減できるので必ず実行してもらいたいです。

家賃を見直す

家賃の目安は手取り収入を基準に考えます。家賃は手取り収入の3分の1になるようにするとベストです。

手取り収入家賃目安(手取りの3分の1)
18万円5.4万円
20万円6万円
25万円7.5万円
30万円9万円
35万円10.5万円
40万円12万円

手取り収入に見合わない賃貸物件に住んでいる場合、引越しを検討してください。家賃は、支出の比重が大きい部分なので、身の丈のあった金額に納めるようにしましょう。

旦那
旦那
我が家の手取り収入約53万円に対し、家賃は14万円なので目安にあった賃貸物件に住んでいます。

引越しをするときは、必ず引越し業者2社は相見積もりをしてください。引越し業社の比較サイトから、安い業者を2社洗い出して、相見積もりで比較し安い業者を選ぶとベストです。

電気代・ガス代を見直す

現在、電力自由化により、電気とガスを見直すことにより費用を抑えることが出来るケースがあります。

住んでいる地域によって、安くなる事業主が異なりますので、比較サイトを活用します。
ポストに投函される「使用量」の紙を用意して、比較サイトのWEBフォームに打ち込むだけで、安くなる事業主が一括表示されるので便利です。

比較サイトで簡単に、どのプランを選べばいいのか?分かるので、比較サイトを使って申し込みを行います。

電気代の比較はこちら
電気代を簡単削減!一括お見積りはこちら!
プロパンガスの比較はこちら

プロパンバスを見直せば、年間8万円以上お安くなる可能性大!

ガス代が最大60%OFF?!【ガス屋の窓口】

携帯料金を見直す

毎月の携帯料金いくら支払っていますか?私の携帯代は980円です。

一般的に、携帯料金の平均利用金額は4千円〜8千円と言われています。そんな中、携帯料金を見直したことにより、月額980円を実現することができました。

格安SIMに変更することを強くお勧めします。

私も、今までは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で携帯料金を契約していましたが、格安SIMに変更し、月額980円で携帯電話を利用しています。

私の利用している格安SIMは「楽天モバイル」

楽天モバイルにした理由

楽天で使えるサービスをフル活用しています。

フル活用をしているため、楽天スーパーポイントが自然と貯まります。楽天モバイルは、ポイントで支払いをすることができるので、楽天モバイルを選びました。

あとは、単純に価格が他の格安SIMよりもダントツに安いからです。

《楽天モバイルの格安SIMへ変更》
大手キャリアでの月額携帯料金 約6,000円


楽天モバイルにて月額携帯料金 980円
になりました!

りりな
りりな
半額以上の固定費の削減となりましたのでこれは、必須で行うべきでしょう。
楽天モバイルの公式HPはこちら

楽天モバイル公式HP

auから楽天モバイルに乗り換えた記事

私は、auから楽天モバイルへ乗り換えたので、乗り換えることによっていくら節約できるのか?計算したものを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【13万円節約】auから楽天モバイルに乗り換え!契約解除料金がかかっても乗り換えたほうがいい理由!auを使っていて、楽天モバイルに乗り換えを検討していて悩んでいますか?契約更新月まで、まだ先だけれどもどうしようか?間違いなく、楽天モバイルに変更したほうが安くなります。13万円お得になるので、すぐに乗り換えを勧めます。お得になる金額を具体的に紹介をしていますので、ぜひ記事をご覧ください。...
友人
友人
固定費を見直すことで、使えるお金が増えるね!
りりな
りりな
そうなんです!増えるんです!固定費の支払いをしつつ、さらに使えるお金を増やす方法があるのでご紹介します。

固定費の支払いはクレジットカード払いにまとめる

固定費は、毎月・毎年など定期的に必ずかかってくるお金です。その支払いをポイント還元のある「クレジットカード」にまとめることにより、ポイントを得ることができます。

固定費の支払いをする「クレジットカード」の選び方

多種多様な「クレジットカード」があり、それぞれ特徴があります。その中で、選ぶポイントがあります。

固定費の支払いを「楽天カード」にした理由

できれば年会費無料のクレジットカードを選ぶ

ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ
 →年会費がかかったり年会費が高額の場合もある。

ポイントの活用がしやすいクレジットカードを選ぶ

自分自身にとって
一番、お得に固定費を支払いポイントを貯められるクレジットカードを
選ぶことが大切です!

私が利用しているクレカは「楽天カード」


私は、楽天カードを使用しています!旦那も、楽天カードに切り替えて、クレジットカード払いが可能な固定費はすべて、楽天カードでまとめました!

旦那
旦那
以前は、年会費がかかるクレジットカードを2つ所持していましたが、解約をして「楽天カード」ユーザーになりました。
固定費の支払いを「楽天カード」にした理由

楽天カードで貯まる「楽天ポイント」の使い道が幅広い

  • ネットショッピングの楽天市場での買い物時に楽天ポイントを使用
  • 街での買い物は、楽天ペイの支払い方法で楽天ポイントを使用
  • 楽天モバイル(携帯料金)の支払いを楽天ポイントで設定
  • 楽天マガジンの支払いを楽天ポイントで設定

このように、ポイントの使い道が幅広いため失効してしまう事がありません。貯まったポイントを生かすことができます♪

実質、携帯料金楽天マガジンの費用は、ポイントで相殺され
無料で利用ができています!
りりな
りりな
楽天ポイントで期間限定ポイントがあるのですが、「楽天ペイ」での支払いで楽天ポイントを使えるので、無駄なくポイントを使うことが出来ます!ポイントを簡単に使うことが出来るので、楽天カードがオススメです
楽天カードについて詳しく知りたい方はこちら

楽天カード新規入会キャンペーン

まとめ

電気を使わないようにして節約するとか、水を使わないようにする・・・etc
こういったことは、地球の環境のためにも必要なことです。

節約節約節約節約でコミットしすぎるよりも適切に使用をしその中で、固定部分を安くすることにより、お金を増やしていきましょう。

今回、ご紹介した固定費を削減しお金を増やす方法は
「無理が全くない!」のです。

いつも通りの変わらない生活をしつつも、以前よりも固定費が削減されることにより、支出が減り、お金の取り分が増えるといった仕組みです。

今回のポイントまとめ

・固定費は見直しすれば継続的な節約につながる
「家賃」「電気」「ガス」「携帯料金」

・固定費の支払いはクレジットカードにまとめる

りりな
りりな
早速、実行に移してみてください!
おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!