不妊治療

不妊治療の費用がいくらかかっているか?|不妊治療ブログ|※随時更新中※

不妊治療クリニックへ2018年12月より通院し始めました。
不妊治療っていくらくらい費用がかかるのか?ブログにまとめていきます。
費用だけでなく、どんな治療にいくらかかっているのか。
通院回数なども分かるように、書いていきますので参考になる方がいれば幸いです。

※私の通っているクリニックの金額です。クリニックによって金額が違うと思います。

おすすめの人

・不妊治療クリニックへ通うか悩んでいる方
・不妊治療でいくらかかるのか知りたい方

・妊活中でステップアップを考えている方

【12月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
12月19日初診料・妻感染症セット
抗ミュラー管ホルモン検査
26,000円
12月25日血中ホルモン検査2,420円
精液検査5,000円
合計金額33,420円

初めての不妊治療クリニックへの通院です。
基本的な、検査をメインに実施しました。

フルタイム勤務なので、最初の検査でまとめて受診できるものはまとめて出来るように組みながら検査を行いました。

通院スタートした時の記事をまだご覧でない方は下記記事をご覧ください。

|不妊治療|最初にする検査まとめ《不妊治療検査と費用について》実体験2018年12月より不妊治療クリニックへ通っています。不妊治療の経過や情報についてもブログに残していこうと思います。不妊治療について気に...

【1月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
1月18日12月検査結果確認370円
合計金額370円

12月に受診した検査結果の確認にいきました。
「卵管造影検査」を受けるために、甲状腺の紹介状が必要だったので
このタイミングで、紹介状を持っていき「卵管造影検査」の日にちを決定しました。

私の通っているクリニックは、毎月「卵管造影検査」を受けられる日にちと人数が限られていたので、早急に紹介状を用意しないと!と思い、短期間で準備しました。

【2月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
2月8日卵管造影検査6,510円
その他自費(通気力カテーテル)3,240円
処方箋480円
2月9日卵管造影検査2日目(レントゲン)630円
2月15日卵管造影検査結果確認370円
2月24日腹痛で緊急外来(自費100%)10,780円
腹痛で緊急外来2,160円
合計金額24,170円

2月~3月にかけて、卵管造影検査によって「骨盤腹膜炎」になり
通院の頻度が上がり、さらに費用も圧迫されました。

卵管造影検査を受けるためには、避妊が必要だったため1月からタイミングを取ることができませんでした。
悲しいことに、不妊治療クリニックへ通院し始めて8割避妊をしなければならない状態に陥っています。

【3月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
3月1日~3月5日骨盤腹膜炎で入院79,830円
3月14日退院後検査630円
処方箋510円
合計金額80,970円

 

下記記事に、卵管造影と造影検査を受けたことにより発症した病気「骨盤腹膜炎」について記載しています。まだご覧になっていない方はご覧ください。

|子宮卵管造影検査|痛みについて~その後、骨盤腹膜炎で入院した話【不妊治療ブログ】~卵管造影検査について、実体験を交えて書いていきます。卵管造影検査が「痛い」とよくネットで話になっているので私の場合どうだったか?書きつつ...

【4月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
4月6日再検査(クラミジア)2,990円
4月20日再検査(完治)220円
合計金額3,210円

「骨盤腹膜炎」で入院し、その後クラミジアと判定されました。
クラミジアを完治するために数回病院へ通いました。

【5月】不妊治療クリニック費用

クリニック通院なし。
自己流でタイミング法を試してみるが撃沈
再度、不妊治療クリニックへの通院を来月から再開することを決意。

【6月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
6月29日子宮鏡通水検査1回目・点滴15,123円
処方箋420円
処方箋660円
合計金額16,203円

卵管造影検査の結果で、「卵管右側閉塞」と診断されたため
「子宮鏡通水検査」を実施しました。

「骨盤内膜炎」になった経緯があるので、念のため点滴をすると言われ点滴もしたので費用が上がりました。

結果、「子宮内膜炎」を発症していました。完治するまで避妊生活が再度スタートしました。

りりな
りりな
避妊期間の連続で、メンタルがえぐられてきた時期です。

【7月】不妊治療クリニック費用

クリニック通院なし

子宮内膜炎になったので、薬を飲んで治療中
生理後に、子宮鏡通水検査を受けるためタイミング的に7月は通院なし。

【8月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
8月1日子宮鏡通水検査2回目4,530円
処方箋840円
8月29日子宮鏡検査3回目4,130円
処方箋1,120円
合計金額10,620円

 

「子宮内膜炎」が治ったかどうか確認するために「子宮通水検査」を受診。
しかし、治らず。

8月も、7月同様、薬で経過を見ることに。

8月29日に3回目の子宮鏡検査を行いましたが、子宮内膜炎は完治していませんでした。
9月も、同様の検査を行い、子宮内膜炎が完治したかどうか確認します。

子宮内膜炎になった

子宮内膜炎について記事を書いています。まだご覧になっていない方はご覧ください。

8月1日子宮内膜炎セカンドライン

【子宮内膜炎】検査結果が出たが治らず2周期目突入|不妊治療ブログ|卵管造影検査後、骨盤腹膜炎になり入院。その後、不妊治療クリニックへの通院を再開しました。 通院を再開したところ、また新たな病気に感...

8月29日子宮内膜炎サードラインで絶望

【子宮内膜炎】検査結果が出たが治らず3カ月目突入|不妊治療ブログ|子宮内膜炎が完治したかどうか、確認のために不妊治療クリニックへ行きました。結果として、子宮内膜炎は完治していませんでした。治療3カ月目に...

【9月】不妊治療クリニック費用

日付内容費用
9月30日子宮鏡通水検査4回目4,530円
処方箋480円

子宮内膜炎に6月末からかかり、9月末にやっと完治することができました。子宮内膜炎を治さないと、妊娠するためのステップに上がることができなかったため、3ヶ月間本当に辛かったです。

子宮内膜炎完治

完治するために購入した商品のご紹介

不妊治療『子宮内フローラ』を整えるために購入した商品紹介~子宮内膜炎を治す~子宮内膜炎になり、改善がみられないために購入した商品をご紹介していきます。 「子宮内フローラ」を整えることにより、子宮内膜炎の解消や、...

9月30日子宮内膜炎が完治した記事

【子宮内膜炎を治した方法】子宮内膜炎4ヶ月目で完治![不妊治療ブログ]子宮内膜炎にかかり、再検査のため不妊治療クリニックへ通院してきました。6月末に子宮内膜炎と診断され9月末まで治療を続けてきたので3か月間...

現状までの不妊治療クリニック費用合計

費用
12月33,420円
1月370円
2月24,170円
3月80,970円
4月3,210円
5月
6月16,203円
7月
8月10,520円
9月5,010円
合計173,973円

 

9月まで、約17万円の費用がかかっています。入院がなければ、もう少し費用を抑えられました。ここまで、あくまでも妊娠できる体かどうかの確認と体の調整でこの金額がかかっています。

もっと早くステップアップができると思っていましたが、現実はステップアップすらできない状態になっています。まさか、自分がこのような状態になるとは思ってもみなかったです。

10月よりやっと、タイミング法、人工授精、体外受精と本格的に治療を受けられる状態になりました。ここまで来るのに長かかった・・・。

妊娠するまで、費用がいくらかかったか残していきたいと思います。

不妊治療を始める方へ

不妊治療を始める時に、必要になるアイテムをまとめています!
下記記事をぜひ参考にしてください。

【2019年まとめ】妊活・不妊治療 始める時に用意するもの[買うものリスト]

おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!