不妊治療

【子宮内膜炎】検査結果が出たが治らず2周期目突入|不妊治療ブログ|

卵管造影検査後、骨盤腹膜炎になり入院。その後、不妊治療クリニックへの通院を再開しました。

通院を再開したところ、また新たな病気に感染していました・・・。
タイミング法をチャレンジしましたが、授かれなかった理由が分かったので現在治療中です。クリニックへ通っている実体験を踏まえて記事にしましたのでご覧ください。

不妊治療の経過について、まだ記事をご覧でない方は下記よりご覧ください!

2018年12月から不妊治療クリニックへ通院【不妊治療の検査について実体験】

子宮卵管造影検査を受けてどうだったか?その後、骨盤内膜症で入院した話【不妊治療】

6月末:不妊治療クリニック通院再会

骨盤腹膜炎になり、退院後、何度か病院へ通い病気が治った後に、妊活を再開しました。

6月に自分で「この日だ!」と思った日でタイミングをとりました。

基礎体温
排卵検査薬

を使って、タイミングをとりましたが妊娠することは叶いませんでした。

なので6月末からまた不妊治療クリニックへの通院を再開しました。もともと、実施予定であった検査を受診しに行きました。

妊活を始めたら買うものリスト
【2019年まとめ】妊活・不妊治療 始める時に買うべき商品[買うものリスト]妊活、不妊治療を始める時に、用意するべきもの(商品)をまとめました。半年以上、妊活(不妊治療)をしていて使い勝手が良かったり、おすすめだ...

子宮鏡通水検査

自費12,000円~14,000円

卵管造影検査の結果により右の卵管が詰まっていることが判明しましたが
水を通してみて、本当に詰まっているかどうかの確認のため「子宮鏡通水検査」を受診しました。

子宮内に、細い管を入れ、子宮内の写真を撮り、その後、水を通します。

水を通しましたが
「これきっと、詰まってるんだろうな~」と分かるくらい
水がお尻のほうへ滴りました。

私の場合は、痛みは、ありませんでした。若干、子宮に圧がかかるような感じはしますが
ゆっくりと呼吸をしてリラックスすることを意識しました♪

子宮鏡通水検査 検査結果

検査結果は、当日すぐに伝えられます。

卵管造影検査時にも言われたように
右の卵管は詰まっており「右卵管閉塞」でした。

妊娠の確立が他の人よりも下がるのかな・・・。詰まりのない左にかけるしかないのか・・・。と、2度目の絶望を突き付けられました。

さらに、新たに体に問題が発生しました。
「子宮内膜炎」になっていました。

今度は、子宮内膜炎!?
また病気!?笑えてきました・・・。
前回は、「骨盤腹膜炎」
今回は、「子宮内膜炎」
どんだけ、膜が炎症してんだよ!!!!

写真も見せてもらいましたが
・マイクロポリープ
・赤い点
・膜がざらざら

しており、子宮内膜炎になっていました。
1カ月薬を飲んで、生理が終わったら子宮内膜炎が治っているかどうかクリニックへ確認へ行くことになりました。

りりな
りりな
半年以上、避妊をしなければならない状態が続きメンタルえぐられました。

8月1日:子宮内膜炎 状況確認でクリニックへ


8月1日に、子宮内膜炎が治っているか確認のためクリニックへ行きました。検査内容は「子宮鏡検査」を行いました。

子宮鏡検査を実施し結果

案の定、今回も右の卵管は詰まっている宣言をされました。

本題の、子宮内膜炎ですが見事に、治っていませんでした。

(辛すぎてキレそうになりました。)が、グッとこらえました。

1カ月間、避妊し周期を無駄にして、薬を飲めば直ると思っていたのにビフォーアフターの写真は、1カ月前と全く同じでした。無意味な1カ月を過ごしました。

すると、医師からは「セカンドの薬にしましょう」と。

子宮内膜炎にかかると三段階、薬のステージがあるようです。
1段階目でダメだったら
2段階目の別の薬に変える。

これが、3段階まであり、ほとんどの方は2段階目で完治するとのこと。

(だったら、最初から2段階目の薬処方しろよ。)と思いましたが、口には出さずグッとこらえました。

なぜ子宮内膜炎になるのか?

聞いたところ、悪玉菌の量が善玉菌より多いと子宮内膜炎になるとのことです。

仕方がないので、薬を飲んで
8月の周期も、治療に専念することにします。

子宮内膜炎について

『子宮内膜炎』について詳しく記事にしました。こちらの記事も併せてご覧ください。

【子宮内膜炎】子宮内膜症とは違う病気|クラミジアにより発症|不妊治療ブログ6月末に子宮内膜炎になってから、まだ完治せずに治療真っ最中です。治療中ということもあり、子宮内膜炎についてまとめました。 9月末に...

今後の不妊治療について理想

8月で「子宮内膜炎」を完治

9月~10月(2周期)は、タイミング法をする。できれば、薬も処方してもらいたい。

10月末~体外受精にチャレンジする。

こんな感じで考えています。人工授精は、考えていません。

卵管の状態が

右側:詰まっている

左側:管が広がっている   

この状況なので、ステップアップするならば体外受精でと考えています。

医師からも、最初から体外受精でもOKと言われました。高額な治療になるので、助成金を現在調べている所です。
実は、助成金、所得ギリギリ大丈夫かどうか?といったところなのでしっかりと調べないとと思っています。

もしも、体外受精ですぐに授かれずに長引くかもしれない。という状態になったら
私の仕事をセーブして、助成金がもらえる所得に調整しなければならない可能性も・・・。

まだ、夫婦でしっかりと話し合いができていないので情報をしっかりと集め整理できたら旦那へ相談していこうと思っています。

数カ月前に、軽く話をしたときは体外受精でもいいんじゃない?と言っていたので
拒否反応は、なさそうでした。

不妊治療の助成金や次回クリニックへ行ったときどうだったか?など
引き続き、このブログに残していこうと思います。

子宮内膜炎の続き

子宮内膜炎と診断され、翌月に結果を聞いた時の記事です。続きが気になる方はご覧ください。

【子宮内膜炎】検査結果が出たが治らず3カ月目突入|不妊治療ブログ|子宮内膜炎が完治したかどうか、確認のために不妊治療クリニックへ行きました。結果として、子宮内膜炎は完治していませんでした。治療3カ月目に...
おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!