不妊治療

【子宮内膜炎について】子宮内膜症とは違う病気~クラミジアにより発症~[不妊治療ブログ]

6月末に子宮内膜炎になってから、まだ完治せずに治療真っ最中です。
治療中ということもあり、子宮内膜炎についてまとめました。

似た病名で、子宮内膜症がありますが異なる病気ですが
どっちの病気だったっけ?と混乱することがあるため
症状について、記載しました。

りりな
りりな
実体験を踏まえて書きました!子宮内膜炎になってしまい悩んでいる方に読んでいただきたいです。

医療従事者でないものが書いている内容になります。

子宮内膜炎と子宮内膜症の症状

私が治療中の病気

子宮内膜炎とは

細菌感染による炎症が原因で子宮内膜が炎症状態になる病気
大腸菌、腸球菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、淋菌(りんきん)、結核菌、バクテロイデス
ペプトコッカスなどの細菌が原因となる。
菌が侵入してきても、月経とともに排出されることもある。

急性と慢性があり
急性の場合は、発熱、不正出血、下腹部の痛みがあり気が付くことが出来ますが
慢性の場合、自覚症状がないので検査によって判明します。

子宮内膜炎が発覚した検査内容

子宮鏡検査により発覚しました。

保険:約4,500円
自費:7,000円~9,000円
(※体外受精治療中の方は基本的には保険適応外のため、自費扱い)

胃カメラのように、子宮に細いカメラを通し中を確認する検査です。

子宮鏡検査をした後、すぐに結果が分かります。
子宮内の写真を撮っているので、写真を見ながらの確認でしたが
マイクロポリープ
ホルモンのハチの巣のような状態
赤い点々
が確認されました。

子宮内膜炎になった理由:実体験の予想

私の場合、おそらくなのですが、発端は「クラミジア」だと思います。
心当たりもあります・・・

おそらく「クラミジア」の状態で、卵管造影検査を行い
骨盤腹膜炎になり入院しました。

その後、子宮鏡検査で
子宮内膜炎という診断が下されました。

骨盤腹膜炎、子宮内膜炎ともにクラミジアを放置することによって
進行する病気のようです。

12月 不妊治療クリニックで性病検査:問題なし
1月 健康診断結果:クラミジアの可能性あり
2月 レディースクリニック:クラミジア問題なし
2月 卵管造影検査
3月 骨盤腹膜炎になり入院

上記を見ると、健康診断の結果でクラミジアの可能性ありと判定されています。
個人的な考えですが、まず12月の不妊治療クリニックの段階で性病検査をしているはずなので分からなかったのか・・・。
12月の検査の後、すぐにクラミジアに感染し
レデイースクリニックで気が付けなかったのか・・。

友人
友人
クラミジアには要注意ですね・・・。

子宮内膜症とは

子宮内膜が子宮の内側だけでなく
卵管や卵巣などの異なる場所で増殖してしまう病気

自覚症状があり、徐々に生理痛の痛みが強くなっていきます。
悪化すると、普段から腰痛や下腹部痛、排尿痛、性交痛といった症状が現れます。
なので、痛みの自覚症状により、子宮内膜症であることに気づくことが出来ます。

子宮内膜炎と子宮内膜症は全く別の病気です。
両方とも、不妊の原因となる病気ですので
早期発見、早期治療が望ましいです。

子宮内膜炎の治療方法について

抗生剤の内服での治療を行っています。

薬によって、適応する細菌が異なるので
自分に合った、薬でないと意味がないです。

子宮内膜炎で処方された薬について

ファーストライン【ビブラマイシン 50g】

14日間1日1錠飲みました。

医師からは、副作用でお腹が緩くなったりする可能性もあると言われていましたが
何も問題ありませんでした。

ファーストラインのビブラマイシンで私は
子宮内膜炎を治すことができませんでした。

14日間薬を飲み続けていたので
まさか、治らないとは思ってもみなかったです。
医師から、セカンドラインに移行する可能性もある。と説明を受けていませんでした。

セカンドライン【オーグメンチン 250RS】

8日分 1日4回(朝、昼、夕食後、就寝前)

現在、セカンドラインの「オーグメンチン」を飲んでいます。
8月末くらいに、子宮内膜炎の状態の確認のため行くので
その時に、完治したか分かります。

「ビブラマイシン」で治らなければ、また違う薬を飲んで1か月間経過確認。
治るまで前に進めない状況に陥ります。

子宮内膜炎と不妊について

女性不妊症の約30%が子宮内膜炎にかかっているという報告があるようです。
急性でなく、慢性だと自覚症状がないため
子宮内膜炎にかかっていることを知らずに妊娠が出来ずに悩んでいる。という方も
いるかもしれません。

子宮内膜炎を完治した後、約60%が妊娠するという結果もあるようなので
ある意味、治してしまいさえすれば
その後、妊娠できる可能性がグーンと上がります。

子宮内膜炎になると、避妊を続けないといけないため
貴重な時間を奪われます。
何もできずに、ただ薬を飲む日々で辛い気持ちになると思いますが
治りさえすれば、妊娠の確立が大幅に上がる!
希望の道が見えてくるので、気持ちを強く持っていきたいです。

突発性出ない限り、自覚症状がない病気なので
なかなか授かれないな?と思ったら
早めに不妊治療クリニックデビューをして調べてもらった方が良いと思いました。

子宮内膜炎が発覚した時の不妊治療ブログは下記よりご覧ください。

【子宮内膜炎】検査結果が出たが治らず2周期目突入・・不妊治療ブログ卵管造影検査後、骨盤腹膜炎になり入院。 その後、不妊治療クリニックへの通院を再開しました。 通院を再開したところ、また新たな病気...

 

おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!