不妊治療

不妊治療をやめた|クリニックへの不信感がつもる|不妊治療ブログ

2018年12月から不妊治療クリニックへの通院を始めて、1年が経ちましたが
不妊治療クリニックへ行くことを辞めました。

なぜ1年も通っていた、不妊治療クリニックへ行くことを辞めたか?
を記事にしていきます。

不妊治療をやめた:クリニックへの不信感

当然かと思いますが、1年間ずっと同じクリニックへ通院をしていました。

度々ブログの中でも『不信感がある』と書いていました。
どんな『不信感』があったかというと

  • 感染症検査を受けたのにも関わらず『骨盤腹膜炎』になり入院
  • 子宮内膜炎が治らず3カ月期間を無駄にした
    結局、自腹で子宮内フローラの薬を処方し直した

このように、小さな不信感の積み重ねがありました。

1年間不妊治療クリニックへ通って精神的に無理になった

1年間不妊治療クリニックへ通っていく中で
タイミングがとれた月がほぼありませんでした・・・。

  1. 検査のため避妊
  2. 卵管造影検査のため避妊
  3. 骨盤内膜炎で入院し避妊
  4. 骨盤内膜炎の原因となったクラミジアを治すために避妊
  5. 子宮内膜炎になり避妊

1年間ずっと、タイミングを取ることのできない状況が続き
精神的に辛くなり、不妊治療クリニックへ行くのが本当に嫌になりました。

卵管造影検査をしたのにも関わらず、その後もずっと『避妊』『避妊』『避妊』で
ゴールデン期間は終りました。

こんな精神状態の中、不妊治療クリニックからトドメを刺されました。

不妊治療クリニックの担当医の対応に『不信感が爆発』

私の通っていた、不妊治療クリニックは曜日ごとに担当医が変わります。

10月に、体外受精をする事前準備のために

  • 旦那と一緒に体外受精の説明を受ける
  • 旦那の1回目の精液検査の結果が良くなかったため、再提出

これを行いました。

11月に
旦那の精液検査の結果を確認するために
クリニックへ行くことに。
結果を聞くだけだと、通院が勿体ないので
私の排卵状況のチェックで、卵の状態確認も含めてクリニックへ行きました・・・。

この日に、今までは担当したことのなかった男性の医師の受診を受けました。
この男性の医師に『不信感が爆発』。

精液検査の結果について

2回目の精液検査の結果も、数値があまり良くなく
数値の書いてある紙を渡され、詳しい説明をこちらが求めたにも関わらず
適当にあしらわれた。

こちらとしては、2回目も精液検査の結果が悪いということで、詳しい説明を受けたかった・・。

旦那にも詳しく、結果が悪い理由も伝えたかったため・・・。

卵胞チェックで医師とモメタ

いままで、タイミングすら取れない状態が続いたため
基礎体温を数カ月つけていませんでした。

クリニック側も、タイミングを取れない状況がずっと続いていることを
確実に分かっているはずです。

そこで言われたのが

  • 「「基礎体温表」がないと、排卵日は分かりません。」
  • 「卵胞チェックをしても何も分かりません。」

確かに「基礎体温表」のデータも必要なことはこっちも分かってる。

でもでも

こちらの認識としては「卵胞チェック」がメインで排卵したか?していないか?
が分かる検査であり
基礎体温はあくまでも、オマケのデータとして見るんじゃないのか?と。

「せめて、排卵しているか?排卵していないか?だけでもいいので教えてほしい。」と伝えました。

しかし

医師「基礎体温表がないと、排卵したか?していないか?わからない」

私「?????」

排卵してしまったか?まだ排卵していないか?は目視で
大体なことは分からないものなのではないか・・・?

私自身、1年間避妊が続き、精神的にも参っている状態だったため
正常ではなかったと思います。

担当医にかなりイラつき

私:「「基礎体温表」がないと排卵日が分からない。ということは、卵胞チェックの意味がないということですか?」

私:「基礎体温がベースであれば、頻繁にクリニックへ通う必要性はないんじゃないですか?」

私:「排卵日は、こちらで基礎体温で判断すればいいってことですよね?」

私:「基礎体温がメインであるならば、クリニックに卵胞チェックに来る意味ありますか?」

曖昧ですが、こんな感じのことを医師に言ったと思います。

これ対して、医師はもちろん反論。まー、反論するのが当たり前ですよね・・。

言い合いが、一通り終わり

医師より「とりあえず、卵胞チェックはしますよ。」ということで
卵胞チェックをしてもらいました。

しかし

医師「いや~排卵したか分からないですね。」

この対応に、本当にカチンときて
もう、このクリニックに通うのは辞めようと決意しました。

クリニックに通うのを辞めると決意した後

毎回、医師との受診が終わった後に、看護師の方かな?
医師ではない方と、個室で面談をして

  • 次の予約日の決定
  • 次の検査についてのすり合わせ

をしていくのですが

私:「クリニックを転院する場合何か必要なことはありますか?」

私:「あの医師は無理」

と伝え、もう通いたくない意思表示をしました。

別の不妊治療クリニックへ転院するとき、今まで検査をしてきたデータを
有料であるが用意してもらえるとのことで
転院先が決まったら、電話をすれば書類を用意してくれるとのことでした。

不妊治療に対して「ぷつり」と糸が切れた

1年間タイミングすらとることのできない状態が続き、今回の事件があり

私の中で、張り詰めていた糸が「ぷつり」と切れました。

一旦、不妊治療クリニックへ通院することは辞めました。

次の転院先も決めていません。

子宮内膜炎の再発だけは怖いので「子宮内フローラ」環境を整える薬は購入して使い続けていきます。

  • 基礎体温を測る
  • 排卵検査薬を使う
  • タイミングをとる

今は、不妊治療クリニックへ行く気力がなくなってしまったので
自分たちでできることを続けて行くとにしました。

半年間(2020年6月)までに、授かることが出来なかったら
体外受精で有名な不妊治療クリニックへ通い
体外受精にステップアップしようと思います。

右卵管閉塞なので、自分たちのタイミング法で授かれる確率は低いかもしれません。
でも、今の私の気持ちは

「不妊治療クリニックへ通いたくない」

この気持ちが強いです。

もちろん、今回モメタくらいで通うのを辞めるのは幼稚な考えだと思います。
幼稚だとわかっていても、気持ちが切れてしまったので

「無理」

この2文字しか今は頭にないです。

11月に助成金の申請をした

またもやクリニックへの「不信感」の話になるのですが

検査をすると「助成金」を申請することが出来ます。

これに関して、クリニックからの説明は何もなく
インスタグラムでたまたま、postしている方の記事を見かけて
「検査に関して助成金」が使えることを知りました。

不妊治療は、検査だけでも高額な費用がかかります。
患者のことを思えば、助成金があることも話してくれてもいいと思います。

インスタグラムをやっていて情報を知らなかったら「5万円損」するところでした。

今後の不妊治療について

先ほども、書きましたが、半年ほど自力でタイミング法をしてきます。

不妊治療ではなく「妊活」のくくりになるかと思います。

今後は、「妊活」として何をしたか?なにをするか?
ブログに残していければいいな。と思っています・・・。

おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!