家計管理の基本

お金を貯めるには『銀行口座は3個もて!』誰でも貯め体質になれるコツ

友人
友人
  • お金がなかなか貯まらない
  • お金を貯める仕組みを作るにはどうすればいいの?
  • 結婚して、旦那と妻両方の家計管理はどうすればいいの?
りりな
りりな

お金を貯めるために家計管理をどうすればいいのか?悩むかと思います。
そんなお悩みを解決する簡単な方法をご紹介していきます♪

家計管理として、お金を管理しようと思ったときに
「銀行口座は最低3個必要」です!

銀行口座を複数所持し、役割を持たせることによって『貯め体質』になることができます♪我が家の事例も交えながら、銀行口座を最低3個持ったほうが良い理由を書いていきます。

この記事で分かること
  1. お金を貯める仕組み作りの方法
  2. 銀行口座を3つ用意する考え方
  3. 分かりやすい図での説明で貯め体質になる方法が分かる
  4. 我が家の、お金の流れについて事例でわかる

お金を貯めるには『銀行口座は3個もて!』

銀行口座は1つだけでなく、最低でも3つ持ちましょう。3つの銀行口座に、それぞれの役割を持たせます。

  1. 生活費口座(メインバンク)
  2. 貯める口座(生活防衛資金口座)
  3. 増やす口座(お金に働いてもらう口座)

この3つの役割を持たせた銀行口座を作りましょう!

戦略的に、銀行口座を用意し目的に応じてお金が流れる仕組みを作る!

固定概念として、銀行口座は1つだけ。という方もいらっしゃるかと思います。私自身、高校生の時に作った三菱UFJ銀行オンリーで今まで過ごしてきました。

家計管理をしていく中で、銀行口座は最低3つ持つことにより『貯め体質』の仕組みを作ることが出来ると気が付きました♪

次は、具体的に各口座について説明していきます。

❶生活費口座(メインバンク)

給与の受け皿になる+生活費の支払いをする銀行口座

毎月のお給料の振り込みのある銀行口座です。この口座を中心に「貯める口座」「増やす口座」へお金の移動をさせていきます。

まずは予算を決める
  1. 1カ月で生活費としてかかる費用
  2. 貯める口座へ移動する金額
  3. 増やす口座へ移動する金額

しっかりと、予算を決めることが必須となります。まずは、1カ月に生活費がいくらかかるのか?即答できますか?

即答できない方は
>>家計管理の方法を知って、生活費を把握する方法
こちらをご覧いただいて、生活費を洗い出してみてください。

1カ月の生活費の把握ができたら、次は削減できる部分は削減し、使えるお金を増やしましょう!

>>固定費の削減!一度見直せば永久的に安くなる!?

お給料の振り込みがあった後に、生活費口座には生活費を残し「貯める金額」「増やす金額」は、各口座へお金の移動をしましょう。

給与の振り込み後のお金の移動例

まずは「貯金」をする場合

25万円の給与に対して、生活費が18万あれば生活できることが分かれば
7万円は貯める口座へ「先取り貯蓄」をし、必ず貯めていく。

貯金をしながら投資も同時併用する場合

「貯める×増やす」で加速する一番お勧めな方法

つみたてnisaなど、月3000円から投資もすることが出来るので貯めながら増やすことを同時にすることで「貯め体質」が加速していきます!

少額から始める投資!お勧め書籍

このように、生活口座(メイン口座)だけでなく

  • 貯める口座
  • 増やす口座

を持つことにより、戦略的にお金を口座で管理することが出来ます。

生活費で余った金額を、貯金に回す考えをしていると『貯め体質』になることはできません。貯める金額は、先に確保し。生活費口座(メインバンク)に残ったお金で、生活をしましょう。

>>先取り貯蓄は「自動送金」で仕組みを自動化!お金をコントロールする

❷貯める口座(生活防衛資金口座)

何かあった時のための「生活防衛資金」をプールする口座

先ほどの、「生活費口座」から送金されたお金を貯めていく口座なので基本的に引き出すことはありません。先取り貯蓄をしていくので、確実に自然とお金が貯まっていきます!

貯める口座のお金は、普段引き出さないお金なので、キャッシュカードは財布に入れず棚にしまっておくことをお勧めします!

友人
友人
キャッシュカードを持ち歩いていると現金を引き出しちゃうかもしれないしね!今すぐしまおう!

貯める金額を明確にする

闇雲に、貯金をしていくのではなく「いくらまで貯めるか」を決めることが必要です。なぜかというと、銀行口座にお金を預けていても、低金利なのでお金が増えることは、ほぼありません。

なので、ある程度貯金が貯まったら「生活防衛資金」としてプールし、プールした金額以外は投資に回すことが賢い手段です。(=お金に働いてもら)

生活防衛資金(貯める目標金額)に関して、1カ月の生活費×12か月分あれば十分です!詳しくは、下記記事でまとめているのでご覧ください。

❸増やす口座(お金に働いてもらう口座)

投資によりお金に働いてもらうお金を入れる口座

貯める口座(生活防衛資金)の用意ができたら、お金に働いてもらいましょう!

お金に働いてもらう方法は、複数ありますが取っつきやいものから始めると良いです。「投資」と聞くと、コワイイメージがある方が大半だと思います。私も、最初は「投資=損する」という印象があり、取っつきずらかったです。
その中でも、比較的安心して「お金に働いてもらう方法」は

  1. つみたてnisa
  2. iDeCo(イデコ)

この2つです!つみたてnisa、iDeCo(イデコ)は、金融庁に認められた、長期投資に適しているファンドのみを選ぶことが出来ます。なので、小さいリスクで始めることが出来る投資です。

投資に興味があるけど、コワイという方は、この2つのどちらかをキッカケに初めてみると投資に関して理解が深まると思います。

私自身も、iDeCo、つみたてnisaを始めたことにより投資について理解でき、今は、国内個別銘柄や米国高配当株式投資へのステップへ進むことが出来ました!

3つの口座に対して必ずやる設定|自動送金|

生活費口座(メインバンク)から、貯める口座、増やす口座へお金を移動させるときに、ATMで引き出し、入金するような’めんどくさい作業’はしません!

「毎月、ATMへ行きお金を引き出し、入れる作業。めんどくさくないですか?」
お金の移動は、すべて自動化します!

自動送金機能を活用する

お金の移動は必ず、自動送金機能を活用してください。

楽天銀行、住信SBIネット銀行には、自動送金サービスがあります!さらに、他行宛ての送金に関して、無料で送金することも可能です。

ネット銀行を使えば

  • 送金の手数料無料(ランクによって回数が異なる)
  • 決めた日にち、決めた金額で毎月自動的に、送金可能

楽天銀行、住信SBIネット銀行ともに専用のスマホアプリがあります。このスマホアプリが、とっても使いやすい!残高、口座の確認はもちろんのこと、自動送金設定も1~2分あれば設定できます!

【公開】我が家の3つの口座の役割分担

実際に、我が家で利用している3つの口座と役割分担について公開します。夫婦共働きのため、銀行口座が分かれてしまうので、夫・妻と役割分担を明確にしています。

妻の3つの口座役割分担について

①生活費口座

給与振り込みは楽天銀行にしています。理由は、楽天銀行ですと他行宛てでの送金が無料になるのと、毎月決めた日にちに自動送金ができるためです。

生活費口座として給与の受け皿にしている楽天銀行は

  • 私の交際費
  • 私の保険料支払い
  • 夫婦のデート費
  • 夫婦の楽天モバイル支払い

に利用しています。楽天銀行は、現金を引き出すときにATM手数料が無料になるところも気に入っています!

友人
友人
現金引き出しや送金の手数料ほど無駄なものはないね!

②貯める口座(生活防衛資金)

貯める口座として、三菱UFJ銀行を使っています。生活防衛資金として300万円すでに貯まっているので、引き出しはせずに何か不測の事態が起きた時に使えるようにプールしています。

③増やす口座(お金に働いてもらう)

増やす口座は2つ所有し使い分けをしています。

楽天銀行×楽天証券
  • iDeCoの運用を毎月23000円
SBIネット銀行&SBI証券
  • 積み立てnisaを毎月33000円
  • 国内個別銘柄の運用
  • 米国高配当株の運用

貯める口座で、生活防衛資金を用意できているので生活費以外は、すべて投資に回しています。投資に回すことによって

  1. 配当金と優待品生活⇒不労所得を作り出す
  2. 時間を味方につけた長期投資(iDeCo、つみたてnisa)⇒子供の学費や老後資金

こちらを、お金に働いてもらい生み出しながら家計の総資産を増やしています!

余談

メットライフ生命の10年ドル建て保険に加入しており、年1回50万ほどの支払いがあります。払い済み保険にして、50万円も投資への資金にするか検討中。

まとめ:銀行口座は最低3つで「貯め体質」になる

学生時代にアルバイトをしていて、ずっと1つだけの銀行口座を利用している。方や、大手銀行(UFJ、みずほ、りそな、ゆうちょなど)をメインで利用されている方が多いかと思います。

ネット銀行の「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」を利用することによって

  • 自動送金が可能
  • 送金の手数料やATM現金引き出しが無料(ランクによって回数変動アリ)
  • スマホアプリで楽々管理

することができます。

この利点を生かして、最低「3つ」の銀行口座を所持し、戦略的に口座に役割を持たせることによって『貯め体質』になることができます♪

最初は、手間かと思いますが一度この仕組みを作ってしまえば、あとは自動的にお金を貯めることができるのでお勧めです!

りりな
りりな
我が家の事例も載せてあるので参考になれば嬉しいです♪

自動送金機能で「貯め体質」の仕組みを作れたら、家計簿も手書きでなく『システムで自動化』することをお勧めしています!

>>家計簿を手書きする手間大変じゃない?家計簿はアプリで自動管理のすすめ

おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!