家計管理の基本

【我が家のお金の流れを公開】お金が自動的に貯まる仕組み図の作成方法を伝授!マインドマイスターで無料で作成!

お金を貯めるためには、「お金の流れの仕組み化」が重要となってきます。
実際に、「お金の流れの仕組み」をどのように作ればよいか?まとめました!
便利なアプリを利用し、スムーズに仕組みを作る方法のご紹介です。

この記事を読む前に「強制貯蓄」について
まだお読みでない方は先にこちらをお読みください。

『お金をコントロール』先取り貯蓄(強制貯蓄)は「自動送金」で仕組みを自動化!方法をまとめ家計管理をしていく中で、なかなか貯金が増えなくて悩んでいる方に向けて、先取り貯蓄(強制貯蓄)で『お金をコントロール』する方法をご紹介いた...

お金が自動的に貯まる仕組み図とは?

【公開】我が家の「お金が自動的に貯まる仕組み図」

このように、お金の流れを可視化マップに落とし込んだもの
「お金が自動的に貯まる仕組み図」です。

最初は、自分自身のお金の流れを作ることから始めてみましょう。

お金の流れを、可視化することで
何から始めるのか?
改善点はどこなのか?
やるべきことが見えてきます。

自分自身のお金の流れをお金が自動的に貯まる仕組み図
落とし込みができた後に
家庭という大枠で捉えてください。

小規模(自分)⇒大規模(家庭)で、考えて行ったほうが
スムーズに、組織図ができるはずです。
りりな
りりな
それでは
お金が自動的に貯まる仕組み図」の作成方法の実践に入ります。

「お金が自動的に貯まる仕組み図」の作成方法

無料アプリのマインドマイスター
「お金が自動的に貯まる仕組み図」を作る

先ほどご紹介した、我が家の仕組み図は
無料アプリのマインドマイスター(mind meister)
を利用し、作成しています。

もちろん、手書きで仕組み図を作成いただいても構いません。

しかし、仕組み図を構築する作業で
項目の洗い出し
何にいくら費用がかかっているのか?
項目に対する予算
お金の流れの検討

を書き込んでいくので
手書きですと修正する時や項目を移動させたい時に
消して、直しての作業を繰り返すことになります。
途中で内容に変化があった時に、修正もしづらいです。

マインドマイスターを利用すれば
追加・削除・移動が簡単にできるため効率的に組織図を構築できます。

無料で使えるので、家計管理でご紹介をしたアプリ「Zaim」のように
効率的に手間なく
「お金が自動的に貯まる仕組み図」を作ることができます。

ステップ1:ダウンロード&ログイン

無料アプリのマインドマイスター(mind meister)を利用します。
まずは、ダウンロード&ログインしてください。

スマホでもPCからでもどちらでも使用することが可能です。
Googleアカウントがある方は、Googleアカウントでサインインが可能です。

下記よりマインドマイスターのHPに飛ぶことができます。

マインドマップ

 

スマホアプリでは、「マインドマイスター」と検索をするとこちらが出てくるので
ダウンロードしてください。(無料アプリです)

ステップ2:作成してみよう!さっそく実践!

選べるテンプレートが複数ありますが
私は、自由に線を伸ばすことができるマップを選択しています。

1、手取りの金額を記入
2、支出の項目を書き出す
3、固定費、変動費で分類をする
4、書く項目の費用を追加する
5、貯蓄可能な余剰金を出す
6、銀行口座の流れを考え分類する

伝わりやすいように、動画を撮ってみました。

※一例の動画ですので、項目は少なく設定しています。

スムーズな、追加・移動により
思いついたことを思うがままに登録し
その後、追加・削除・整理も簡単にスピーディーに行えます
手書きの時に生じる手間がないので
思考したり、意思決定に注力ができます。
アプリなので、常にデータとして持ち歩くこともできます。
電車の移動の隙間時間でも、作業できちゃいます。

ステップ3:仕組み図を活用し、お金の流れを考え実践

仕組み図を作って終わりではありません
仕組み図を作った後に、お金が自動的に貯まる流れを作ることが肝心です。

強制貯蓄をするための、銀行口座がない方は開設する。
組織図を作りながら、不要な項目が出てきた場合は、きっぱりと辞める。
使いすぎている項目があれば、自分を律する。

など、次のステップや課題を洗い出すことをしてください。

りりな
りりな
1つづつ、クリアしていき
お金が自動的に貯まる仕組みを手に入れましょう。

まとめ

家計管理を行っていくうえで
PDCAサイクルを回していきましょう。

PDCAサイクルとは?

フルスペル:Plan, Do, Check, Act cycle
読み方:ピーディーシーエーサイクル
別名:PDCA

PDCAサイクルとは、マネジメント手法の一種で、「計画」(Plan)、「実行」(Do)、「点検」(Check)、「改善」(Act)の頭文字をとったものである。

引用元:weblio

家計の状況を見える化することにより
課題を明確にする。課題を解決した後
家計の状況をチェックし、改善していくことが大切です。

結婚したタイミング
家族が増えるタイミング
大きな出費(車を買う、家を買うなど)をするタイミング

様々タイミングで、その都度
家計の状況を見て、適切な判断ができる状態をつくり
ゆとりのある生活にしてきましょう。

マインドマイスターは、無料で使えるアプリですので、ぜひ活用してみてください!
「お金が自動的に貯まる仕組み図」だけでなく、頭の中で整理したい項目があったときに、マインドマイスターを使うと整理しやすいので、日々活用しています!

おすすめの無料体験マネーセミナー⇒ 女性に話題のお金の習いごと【bookee】
ABOUT ME
りりな
りりな
りりな(29歳)です。2018年に結婚し現在、夫とマンションで二人暮らし。共働き夫婦で、私は中小企業の営業部署の管理職として働いています。 結婚後に、家計管理を行い【総資産1000万円】超えました。ただ、貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」べく、株式投資なども挑戦しています。
こちらの記事もおすすめ!